中学受験のメリットとデメリット

中学受験を行っている学校は中高一貫校が多いため、高校受験をしなくて済むという利点があります。
また大学受験を念頭に置いた教育を行っているところが多いため、中学から6年間という長いスパンを通して大学受験に向けた勉強を行うことが出来ます。

しかし中学受験をするにはデメリットもあります。
まずは受験生や保護者に身体的、精神的なストレスやプレッシャーがかかることです。

受験生は中学受験で初めての受験を経験することになる人がほとんどだと思います。受験に失敗したくない、親の気持ちに応えたいと思う気持ちが逆にプレッシャーとなり受験生に精神的ダメージを与えてしまうこともあります。

また中学受験の試験範囲はとても幅広く、膨大な量の勉強をすることになるため睡眠時間を削ってしまったり成長期の子供に悪影響となる場合もあります。
保護者はそんな受験生の支えとなり、様々な方法で子供のやる気を引き出させなければなりません。
また入学試験に向けた学習費や入学後の学費も、受験をせずに進学した公立中学と比べるとかなり高額になるため金銭的負担も大きいです。

このようなデメリットを踏まえてでも、中学受験をすることは子供のより良い将来のために大きな意味がありますし、合格した時の喜びはかげがえのないものになるでしょう。
中学受験をお考えのお子様、保護者の方はより理解を深めて受験に臨んでください。キレイモキャンペーン