中学受験をして中高一貫校へ進学する

中学受験をして中高一貫校へ進学する

最近では中高一貫校が増えてきています。
以前から私立の中学校、高等学校の中高一貫式はありましたが、1998年に学校教育法が改正されてから公立でも中高一貫校が作られるようになってきました。

中高一貫校の利点は、大学受験に向けた勉強を中学から高校までの6年間という長いスパンで受けることができること、部活動に関しても6年間を通して一つの部活に在籍することが出来るので自分の得意な分野、やりたい分野にじっくり打ち込むことができることです。

さらに高校受験がないというところも利点になります。高校進学に向けた受験勉強をしなくて済むため、ゆとりを持った学習ができるのです。
しかし高校受験はありませんが、中高一貫校には中学受験があります。

中高一貫校は全国的にもまだまだ少ないので通いたい人が受験に集中します。さらに私立の学校になると倍率がとても高いところが多いです。
大学受験を目指す人にとっては中高一貫校はとてもいい学びの場になりますし、中学受験を受けることによって小学生のうちから日常的に勉強するリズムや習慣が身に付きます。

まずはご自宅から通える学校を探してみたり、その学校の特色を知ることで通いたい学校かどうか見えてくると思います。
勉強でも遊びでも、良い学校生活が送れるところに出会えるといいですね。

最新投稿